ダイヤモンドの人気が高い理由

ダイヤモンドの基礎知識

日本でダイヤモンドは、結婚指輪や婚約指輪で多く使われており、とても高価な宝石として知られています。高価な理由としては、一つは希少高いことが要因です。ダイヤモンドは、地中の奥深くにあり採掘に時間がかかります。単純に手に入りにくいため、希少性が高いのです。 また、ダイヤモンドは原石のままでは綺麗に輝いていません。そのため、加工が必要になります。地球上で最も硬いことで有名なダイヤモンドは、その硬さから加工費用も高くなってしまいます。加工された綺麗なダイヤモンドは希少性が高いため、高値で取り引きされています。ダイヤモンドの美しい輝きは、ダイヤモンドがもつ高い屈折率が生み出すものであり、その輝きは人気を集める理由の大きな要因となっています。

ダイヤモンドのカットと価値

ダイヤモンドは原石のままでは、美しい輝きを放っていません。そのため、ダイヤモンドの加工技術がなかった時代には、ダイヤモンドの価値は高いものでありませんでした。しかし、硬いダイヤモンドを加工するために、同じダイヤモンドを使うという技術が定着すると、ダイヤモンドの価値はどんどんあがりました。 そして、近年ではカットがダイヤモンドの価値に与える影響は大きいとされています。カット方法により、輝き方が変わり同じダイヤモンドでも光の放ち方が変わるのです。ダイヤモンドの価値は大きさだけでなく、その形やカット技術などを含め、総合的に判断されます。特にカットについては、ダイヤモンドの外観の美しさに最も影響するため、非常に大事な技術となっています。