もしもダイヤモンドを売却したいなら

ダイヤモンドのカット

宝飾用ダイヤモンドの国際品質基準に4Cというものがあります。4Cとは、色(カラー)、透明度(クラリティ)、重さ(カラット)、研磨(カット)のことです。その中でカットはダイヤモンドの美しさを左右する重要な要素の1つです。 ダイヤモンドのカットは豊富な種類があり、基本的にはできるだけダイヤモンド原石の大きさを維持し、効率よくカットできるような種類が選ばれます。もちろんカットの種類は買い手が選ぶことも可能です。ラウンドブリリアントカットの場合のみカットに対して評価がなされます。評価は5段階に分けられ、カットグレードの高いものは、ダイヤモンド自体の輝きとダイヤモンドに入った光がなす虹色の輝きを放ちます。

ダイヤモンド売却の基礎知識

ダイヤモンドの品質は4Cという4つの観点から判断されます。そのため、ダイヤモンド価格を判断する場合には、個別に査定を行わなければなりません。信頼できるダイヤモンド買取業者を選ぶようにしましょう。インターネットの口コミサイトを使って調べるのもいいでしょう。ただし、全てのサイトが信頼できるものとは限らないので本当に信頼できるサイトを使うようにしましょう。 また、ダイヤモンド取引市場は変動が激しい市場です。したがって、市場全体の動向も踏まえて、売却する時期を選ぶ必要があります。ダイヤモンド市場の動向は毎週更新される RapNet というサイトの価格表から確認できます。より高値で売却したい人はこのサイトもチェックすることをおすすめします。